高血圧症と糖尿病には、密接な関係と悪循環があります。
糖尿病患者の4割~6割が、高血圧症を患っている事が確認されています。
高血圧症は、健康な方でも年齢を重ねるうちに血管が老化し、動脈硬化が進み血圧が高くなりますが、糖尿病患者は若い年齢から高血圧の症状が発現し始める特徴があり、合併症を発症するリスクが高くなります。
糖尿病患者に高血圧症患者が多い理由には幾つかあります。
血糖値の高い高血糖状態は、糖分濃度の濃い血液が体内を循環している状態であり、血液の浸透圧が高くなり細胞内の水分が血液にしみ出し、加えて腎臓の水分の吸収量が増加する為に、循環血液量が増加して高血圧となります。
特に2型糖尿病患者は、肥満状態の患者が多くおり、肥満と高血圧症には密接な関係があります。
肥満は、心臓や血管に作用する自律神経である交感神経が緊張する為に、アドレナリンやノルアドレナリンなどの血圧を上げるホルモンが副腎髄質から多く分泌され高血圧になります。
糖尿病の発症に関係あるとされるインスリン抵抗性患者は、インスリンの効果が低下している為に、多量のインスリンが分泌され高インスリン血症を引き起こします。
高インスリン血症は、交感神経が緊張する為に副腎髄質からホルモンが分泌される事や腎臓で塩分が排泄され難くなり、血管の拡張抑制や血液量増加などが起こり血圧が高くなります。
又、合併症である糖尿病性腎症の場合は、腎臓から血圧を上げるレニンの分泌量増加や血液のろ過機能が低下などにより血液量が増加し、血圧が上昇します。高血圧症は、腎症の発症と病状の進行を早めます。
これらの理由で糖尿病患者には、高血圧症患者が多い事が確認されています。