高血圧症には本態性高血圧と二次性高血圧の2種類があります。本態性高血圧ははっきりした原因がなく、加齢や肥満などの生活習慣が要因になって起こり、高血圧症の約90%を占めています。若い人にもいますが、生活習慣に問題がある中年以降に多くなります。二次性高血圧は原因となる疾患があり、疾患が治癒すると血圧も下がって来ます。これは全体の約10%程度に見られ、若い人が高血圧症になった場合にはまず疑う必要があります。どちらの高血圧症であっても、放置すると動脈硬化や心疾患などの病気を起こすので血圧を下げる事が必然になります。二次性高血圧の原因のひとつに腎性高血圧があり、腎臓機能の異常により血圧を上げるレニンというホルモンが過剰分泌されて起こる腎実質性高血圧と、腎動脈が狭窄する腎血管性高血圧の2種類があります。腎実質性高血圧の原因には、ネフローゼ症候群やIgA腎症、慢性腎炎などがあり、腎障害が起こると血圧が上がり、血圧が上がると腎障害が更に進むという悪循環になって行きます。その他には原発性アルドステロン症があり、副腎にできた腫瘍から体内のナトリウムと水分を蓄える作用を持つアルドステロンというホルモンが分泌されために高血圧を起こします。クッシング症候群も副腎に腫瘍ができ、アルドステロンと同じ様な作用を持つコルチゾールというホルモンが分泌され高血圧になります。他にも副腎に出来る事が多い褐色細胞腫という腫瘍があり、この腫瘍から血圧を上昇させるカテコールアミンというホルモンが分泌される事で高血圧になります。睡眠時無呼吸症候群も二次性高血圧の原因のひとつといわれています。どれも基礎疾患を根治する事で、高血圧症を改善する事ができますのでまず基礎疾患の治療が大切になります。またミカルディスみたいな高血圧に有効な薬を通販で購入して使うということもできます。自分の環境に合わせて適切な処置をするようにしましょう。

■高血圧治療にオススメの薬
ノルバスクで高血圧を抑えよう